Log_House

ギター・カメラ・日記

PEN E-P5をスナップシューター化する

期末テストも終わり、晴れて夏休み突入しました。まとまった長い休みがとれるのも今のうちなのでやりたいことをやれるだけ消化していきたいです。

さて、α7Ⅱを買ったことによりサブ機に降格したPEN E-P5ですが、多少ガタは来ているものの全然使えるので売却などはせず今後も現役で使っていく予定ですが、せっかく二台体制にすることができるため、α7Ⅱとの使い分けをどうしていくか考えいていました。

今まで通りにオールドレンズ遊びをしていくにはα7Ⅱと用途がかぶってしまうし、かといって一度売却した標準ズームをふたたび買うのも、便利かもしれませんがちょっと面白くない。そんな時なんとなくAmazonをさまよっていて思いついたのが、広角気味なパンケーキをつけっぱなしにしてスナップシューター化すること。バッグに放り込んでおいてコンデジ感覚で使えるようにしたら、いままでスマホで撮っていたような場面なんかでも使えて便利だろうし、以前にフジのXF1を手放してからそういった立ち位置のカメラが欲しかったのでちょうどいいなと思いました。調べてみると同じことをしている人が結構いるようで、参考にしつつ購入するレンズを絞っていきました。

最初に候補に上がったのはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8。Amazonの中古で10000円くらいで、カメラ購入でほとんど使い果たしたため安いに越した事はないのですがあまり写りが好きじゃないと感じ却下に。似たようなスペックのものでM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8というレンズもありましたが、写りはとてもいいもののパンケーキと呼ぶにはでかすぎるしちょっと高い。パナのレンズからも探してみるとLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.というレンズが価格も写りもいいなぁなんて思いましたが換算40mmという画角がちょっと狭いかなぁという気がして、でも他になさそうだしとほぼ決まりかけたところでこんなレンズを見つけました。

f:id:number-girl:20170808234448j:plain

LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.というレンズです。換算28mmのF2.5ということで最強のスナップシューターと名高いリコーのGRと似たような感覚で使えるのではとこれに決定しました。ちなみにGRは使ったことないですが。

f:id:number-girl:20170808234443j:plain

 

f:id:number-girl:20170808234452j:plain

このように非常にコンパクトで、まあさすがにコンデジとまではいきませんが十分コンパクトにおさまっています。

f:id:number-girl:20170808235525j:plain

f:id:number-girl:20170808235925j:plain

f:id:number-girl:20170808235503j:plain

f:id:number-girl:20170808235453j:plain

f:id:number-girl:20170808235515j:plain

f:id:number-girl:20170808235530j:plain

f:id:number-girl:20170808235429j:plain

f:id:number-girl:20170808235739j:plain

f:id:number-girl:20170808235735j:plain

古いボディとキットになっていて中古で16000円ほどと非常に安く購入しましたが、思ったよりもいいレンズでした。28mmという画角も広すぎず狭すぎず、ちょうどよく切り取ってくれてサクサク撮れます。そこまで明るいわけではないですが近づけばそれなりにボケてくれるのである程度はボケを使った楽しみ方もできますし、最短撮影距離18cmということでテーブルフォトにも十分使えるかと思います。

これで今まで以上にカメラを気軽に気楽に持ち出すことができるようになりました。出不精ながらもこの夏は出かける予定を結構入れたつもりなので、サブ機としてバッチリ活躍してもらいたいと思います。