とにかく眠れない

全回の更新から3ヶ月。随分と放置してしまいました。

おはようございます。今日はアルバイトの朝勤があるわけでもないのに随分と早い時間に起きているわけですが、どちらかと言うと意図しない夜更かしの延長といった所でしょうか。

というのも、最近随分と寝付きが悪いです。具体的に言うと2週間ほど前から自分が眠りたい時間に寝付けないことが多くなりました。眠れない~眠れない~と布団の中でもがき苦しんでいるうちに朝チュンが聞こえてきて絶望、なんてことが結構増えています。毎年この季節になるとそうなのです。基本的に睡眠が浅くちょっとした拍子に起きてしまってそれっきり寝付けないとか。特に大したイベントがあったり生活が大きく変わる季節でもないのに不思議です。なので今年も「あ~またこの時期かぁ~」なんて思っていたのですが、今年は例年以上に症状が悪い。

まあ考えてみれば確かに、毎日寝る時間も起きる時間もバラバラスマホPCの画面を見つめる時間も長く、おまけにカフェインの入ってる飲み物大好き。むしろこんなのでよく今まで眠れていたなぁといった感じですけど、例年なら寝付けないなんて言いながらも、なんだかんだでいつの間にか眠れていて、一睡もできないなんてことはほとんどなかったはず。うーん……。

このままではかなり辛いのでAmazonにて睡眠改善薬なんてものも買ってみたのですけど、一回目はしっかりと効いてくれたのですが、二回目でもう効果が現れませんでした。ホットミルクだったりストレッチだったり深呼吸だったり、眠りやすくなりそうなものは試してみたのですがはっきりとした効果なし。挙句YouTubeに転がってる胡散臭いヒーリング音楽まで聴き始めたりしましたが、むしろ音が気になっちゃって眠れません。もしかしたら胡散臭いとか思ってるから効かないのかも。

そういうこともあってか、最近なんとなく毎日がしんどいです。具体的に何がしんどいんだと聞かれたらちょっと困るところではあるんですけど、何故かしんどい。学生風情が何言ってんだと思われる方もいるかも知れませんが、しんどいものはしんどい。何がしんどいのかわからないのがしんどいのかな。わからん……。

そういうわけで、眠れないならいっそ眠くなるまでブログでも書いていようかと思ったわけですが、それが功を奏してかなんだかまぶたが下がってきたような気がします。タイプミスも増えてきた。これは使えるかも。更新頻度が増えそうだ。

少しだけでも寝ます。おやすみなさい。

新宿御苑で写真を撮ってきた

f:id:number-girl:20170316204619j:plain

ここのところ関東ではぐずついた天気が続いていましたが、今日は久しぶりの晴天。日差しも暖かくお出かけ日よりでしたので新宿御苑で写真を撮ってきました。

f:id:number-girl:20170316205209j:plain

新宿門から入ってすぐの木。

f:id:number-girl:20170316205326j:plain

f:id:number-girl:20170316205333j:plain

f:id:number-girl:20170316205347j:plain

実は先日知り合いに頼まれてFL50mmF1.8を購入していました。このレンズと言えばぐるぐるボケということですが、本当によく回ってます。面白いです。3000円も出せば買えてしまうので自分でも買ってしまいそう。

f:id:number-girl:20170316213153j:plain

f:id:number-girl:20170316213220j:plain

f:id:number-girl:20170316213226j:plain

f:id:number-girl:20170316213239j:plain

f:id:number-girl:20170316213536j:plain

f:id:number-girl:20170316213604j:plain

f:id:number-girl:20170316214224j:plain

f:id:number-girl:20170316214226j:plain

この辺はFD70-210mmF4で撮っていたと思います。多分…。換算140-420mmのズームということでなかなか持ち出す機会がありませんでしたが、いざ使ってみるととても便利でした。

メジロがたくさん飛んでいたのでチャレンジしてみましたが全然うまくいかず、これでも比較的成功した写真なんですけど、もはやウォーリーを探せ状態。フォーカスとフレーミングが間に合わず、モタモタしているうちにどっかに行ってしまうという事が多かったのでこの春は野鳥強化期間ということで頑張っていきたいです。

久しぶりにサイクリングに行った話と写真

高校1年の頃ちょっとした距離でも颯爽と移動できるような自転車が欲しくなりました。というのも当時乗っていた自転車は小学1年生の頃買い与えられたBMXのルック車。周りがママチャリに乗る中一目置かれるようなそのルックスを気に入ってはいましたが9年間乗り続けた自転車は流石に年季が入りすぎていたし、そもそも安物ルック車でとにかく重い。遅い。停まらない。ともうこれ以上は限界だなと思っていたのでした。

そんなタイミングで友人がBianchiクロスバイクに乗り始めたんです。試しに乗らせてもらった際、「こんなにも快適な自転車が存在するのか…!」と軽い衝撃を受けました。まあそりゃそれまで激重ルック車に乗っていたわけで当たり前なんですけど。

そこで当時始めたばかりのアルバイト代から毎月返済するという条件で両親からお金を借り、地元のスポーツバイクを扱う店を何店舗も回って買ったのがGiantのEscapeR3でした。欲しいものは無理してでも手に入れてしまう癖は当時既に開眼していたようです。良いのやら悪いのやら。悪いか。

f:id:number-girl:20170311182247j:plain

f:id:number-girl:20170311182245j:plain

f:id:number-girl:20170311182249j:plain

買ってからというもの、自転車とは元来こんなに快適な乗り物だったのかと感激の嵐。雨の日以外欠かさず乗るような毎日でした。これまで交通費を払わないと行けなかった新宿や渋谷や秋葉原にタダで行ける。なんて素晴らしいんだ。という状態。今まで電車だったり車で行っていたような場所に自力で行くことができるという事がたまらなくて行動範囲がぐっと広がっていきました。

その後はパーツ交換に目覚めたり、ロードやマウンテンに心動かされたり、交通費はかからなくても食費が思った以上にかかるという事に気がついてしまったりと色々ありましたが、だんだん熱が冷めていき今ではすっかり乗らなくなってしまいました。

いくら自転車でどこでも行けると思っていた僕も、電車や車の利便性にどんどん吸い込まれ、サイクリングへの情熱も影を潜め、近所の移動に自転車を出すのも億劫で徒歩を選ぶように。いくら本格的なロードやらよりは気軽に乗れるとは言え、ママチャリほど手荒く扱うのは忍びない。最後に乗った日がいつだか思い出すことも出来ないGiant EscapeR3を横目に見る度、またいつかこいつと共に颯爽と街を走り抜ける日は来るのだろうかと、複雑な気持ちを抱えていました。が、来ました。先日高校時代よくサイクリングをした友人と久しぶりに走りに行こうという話になったのです。

久しぶりにタイヤに空気を入れ、ホコリをかぶった車体を洗車。買ったばかりの頃は汚れてもいないのに毎週毎週洗っていたなぁ。久しぶりの乗車ということもあり、そんなに遠いと道中ヒッチハイクをしかねないということで、片道30kmほどの距離にあるとある自然公園のようなところを選びました。

以下その時の写真です。

f:id:number-girl:20170311190304j:plain

f:id:number-girl:20170311190328j:plain

f:id:number-girl:20170311190445j:plain

f:id:number-girl:20170311190508j:plain

f:id:number-girl:20170311190501j:plain

f:id:number-girl:20170311190628j:plain

f:id:number-girl:20170311190647j:plain

f:id:number-girl:20170311190659j:plain

f:id:number-girl:20170311190711j:plain

f:id:number-girl:20170311190805j:plain

f:id:number-girl:20170311190818j:plain

f:id:number-girl:20170311190859j:plain

f:id:number-girl:20170311190947j:plain

f:id:number-girl:20170311190958j:plain

f:id:number-girl:20170311191106j:plain

f:id:number-girl:20170311191144j:plain

f:id:number-girl:20170311191445j:plain

久しぶりに乗ってきて感じたこととしては、やはり体力がどん底まで落ちているということ。スポーツ嫌いな僕でも高校時代は体育で曲がりなりにも運動してましたし、卒業してから運動という運動を全くしてこなかったツケが回ってきた感じです。

ただ疲れ果ててヘロヘロになりながらも久しぶりに乗る自転車は凄く楽しく、心底自転車に飽きてしまっていたわけではないんだなと実感し安心しました。何かに飽きてしまうということはなんとなく寂しく悲しいので。

これからあったかくなって観光日和になってくるでしょうし、運動不足解消も兼ねて自転車も再開していこうと思ったのでした。