Log_House

ギター・カメラ・日記

原宿乃ヒョウ猫の森・フクロウの森に行ってきた

α7Ⅱを購入して3週間ほど経ちましたが、操作やボタン配置などにもだんだん慣れてきて思うような写真が撮れるようになってきました。EVFの手動切替ができなかったり、E-P5よりもピーキングが使いづらかったり、シャッターストロークが妙に深かったりと、もうちょっとどうにかならんかなぁという点も見えてきましたが、そういうところも含めて使いこなしていけるようになればと思います。

さて、先日原宿に行ってきました。非常にファッションやらに疎いので、よくわからないけれどオシャレそうな人とか、よくわからないけれどきっと流行っているのであろう物を売ってる店なんかがひしめきあっている原宿は、関心があまりない僕はどうしても場違い感があって非常に苦手な場所なのですが、その日は目的がありました。

f:id:number-girl:20170810180337j:plain

入り口の門がもうテンションが高い。

その目的とは、原宿乃ヒョウ猫の森・フクロウの森というベンガル猫カフェ・フクロウカフェが併設してある店に行くこと。知人に誘われたのですが、猫も鳥も好きな僕からしたらこの上ない癒やしのスペースなのですが、そんなユートピアにたどり着くには竹下通りをくぐり抜けるという超難関イベントを乗り越えなければならないという。なるほど世の中うまくできている。

f:id:number-girl:20170810175954j:plain

店の前にはフクロウのオブジェがお出迎え。

併設されているとはいえ、さすがにそれぞれ別のフロアに店舗が構えられており、どちらか一方の利用も可能でしたが今回は猫とフクロウどちらも利用できる共通券を購入しました。猫の方に限り混雑時の30分制限があるようなので、まずは猫の方へ行き、そちらでの時間が終わり次第フクロウの方へ行くことにしました。

f:id:number-girl:20170810180346j:plain

f:id:number-girl:20170810180354j:plain

f:id:number-girl:20170810180450j:plain

f:id:number-girl:20170810180004j:plain

かわいい。

ヒョウ猫の森ということで、店内はジャングルのような内装デザインになっており、ベンガル猫の野性的な柄とマッチしていました。そこらじゅうにベンガル猫がうろついており、自由にたわむれる事ができるようになっていました。

f:id:number-girl:20170810180011j:plain

f:id:number-girl:20170810180350j:plain

f:id:number-girl:20170810180359j:plain

f:id:number-girl:20170810180404j:plain

f:id:number-girl:20170810180408j:plain

f:id:number-girl:20170810180414j:plain

f:id:number-girl:20170810180419j:plain

f:id:number-girl:20170810180424j:plain

f:id:number-girl:20170810180430j:plain

f:id:number-girl:20170810180435j:plain

f:id:number-girl:20170810180440j:plain

f:id:number-girl:20170810180445j:plain

……かわいい。

野性的な見た目とは裏腹に人懐っこい性格なようで、近づいて撫でたり写真を撮ったりしてもあまり逃げられることはありませんでした。α7Ⅱに関してはMFの単焦点しか持っていきませんでしたが、それでも十分にじっくりと撮ることができました。

やはり店内は結構混雑しており、正確には測っていませんでしがだいたい30分前後で退出の時間になったように思います。

お次はフクロウの方へ。

f:id:number-girl:20170810180149j:plain

f:id:number-girl:20170810180157j:plain

f:id:number-girl:20170810180201j:plain

f:id:number-girl:20170810180216j:plain

f:id:number-girl:20170810180208j:plain

f:id:number-girl:20170810180224j:plain

f:id:number-girl:20170810180231j:plain

f:id:number-girl:20170810180240j:plain

f:id:number-girl:20170810180250j:plain

f:id:number-girl:20170810180235j:plain

f:id:number-girl:20170810180259j:plain

f:id:number-girl:20170810180313j:plain

f:id:number-girl:20170810180318j:plain

か、かわいい(ボキャ貧)

こちらも森のような内装になっていて、順路に沿って様々なフクロウと触れ合えるようになっていました。腕に乗せるなどはできませんが、撫でることはできました。

フクロウを間近で見たのは始めてでしたが、こんなに物静かでじっとしているものなのですね。我が家でもオカメインコを飼っているのですが、そいつは四六時中動き回っているので同じ鳥でもぜんぜん違うものだなぁと感じました。インコもかわいいですけどね!

今まで思っていた以上に羽はフワッフワで、目もすごく綺麗な色をしていて、やはりこういった細かい所は間近で触れ合ってみないとわからないものですね。各フクロウの説明書き看板も設置してあって結構勉強になりました。動物っていいですね。

f:id:number-girl:20170810180255j:plain

f:id:number-girl:20170810180333j:plain

結構手頃な値段から置物などのお土産も置いてありました。

何度か行くとサービスなどが受けられるポイントカードも発行してもらえるようで、もし次回行くことがあれば作ってもらおうかな。どちらも楽しかったのでまた行きたいです。ただそのためには原宿に耐性をつける所から始めなければ……。

owls-cats-forest.com

それでは。

PEN E-P5をスナップシューター化する

期末テストも終わり、晴れて夏休み突入しました。まとまった長い休みがとれるのも今のうちなのでやりたいことをやれるだけ消化していきたいです。

さて、α7Ⅱを買ったことによりサブ機に降格したPEN E-P5ですが、多少ガタは来ているものの全然使えるので売却などはせず今後も現役で使っていく予定ですが、せっかく二台体制にすることができるため、α7Ⅱとの使い分けをどうしていくか考えいていました。

今まで通りにオールドレンズ遊びをしていくにはα7Ⅱと用途がかぶってしまうし、かといって一度売却した標準ズームをふたたび買うのも、便利かもしれませんがちょっと面白くない。そんな時なんとなくAmazonをさまよっていて思いついたのが、広角気味なパンケーキをつけっぱなしにしてスナップシューター化すること。バッグに放り込んでおいてコンデジ感覚で使えるようにしたら、いままでスマホで撮っていたような場面なんかでも使えて便利だろうし、以前にフジのXF1を手放してからそういった立ち位置のカメラが欲しかったのでちょうどいいなと思いました。調べてみると同じことをしている人が結構いるようで、参考にしつつ購入するレンズを絞っていきました。

最初に候補に上がったのはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8。Amazonの中古で10000円くらいで、カメラ購入でほとんど使い果たしたため安いに越した事はないのですがあまり写りが好きじゃないと感じ却下に。似たようなスペックのものでM.ZUIKO DIGITAL 17mm F1.8というレンズもありましたが、写りはとてもいいもののパンケーキと呼ぶにはでかすぎるしちょっと高い。パナのレンズからも探してみるとLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.というレンズが価格も写りもいいなぁなんて思いましたが換算40mmという画角がちょっと狭いかなぁという気がして、でも他になさそうだしとほぼ決まりかけたところでこんなレンズを見つけました。

f:id:number-girl:20170808234448j:plain

LUMIX G 14mm/F2.5 ASPH.というレンズです。換算28mmのF2.5ということで最強のスナップシューターと名高いリコーのGRと似たような感覚で使えるのではとこれに決定しました。ちなみにGRは使ったことないですが。

f:id:number-girl:20170808234443j:plain

 

f:id:number-girl:20170808234452j:plain

このように非常にコンパクトで、まあさすがにコンデジとまではいきませんが十分コンパクトにおさまっています。

f:id:number-girl:20170808235525j:plain

f:id:number-girl:20170808235925j:plain

f:id:number-girl:20170808235503j:plain

f:id:number-girl:20170808235453j:plain

f:id:number-girl:20170808235515j:plain

f:id:number-girl:20170808235530j:plain

f:id:number-girl:20170808235429j:plain

f:id:number-girl:20170808235739j:plain

f:id:number-girl:20170808235735j:plain

古いボディとキットになっていて中古で16000円ほどと非常に安く購入しましたが、思ったよりもいいレンズでした。28mmという画角も広すぎず狭すぎず、ちょうどよく切り取ってくれてサクサク撮れます。そこまで明るいわけではないですが近づけばそれなりにボケてくれるのである程度はボケを使った楽しみ方もできますし、最短撮影距離18cmということでテーブルフォトにも十分使えるかと思います。

これで今まで以上にカメラを気軽に気楽に持ち出すことができるようになりました。出不精ながらもこの夏は出かける予定を結構入れたつもりなので、サブ機としてバッチリ活躍してもらいたいと思います。

α7Ⅱを使い始めるに当たってとりあえず購入したもの

先日の記事でα7Ⅱを購入した事を報告させていただきましたが、まだ右も左も何もわからず手探りで使っていっている状態です。そこがまた楽しい。

omoide-in-my-head.hatenablog.com

とりあえず、間違いなく必要であろうものをAmazonで購入しました。

f:id:number-girl:20170720020735j:plain

これがないと何も始まらない、FD-NEXのマウントアダプタです。NEEWERというのは中国のメーカーらしい。1276円也。

もうほとんどすっからかんなので最安値のものを選択。補正レンズなどが入ってるわけでもないのでこの際繋がればなんだっていい…。

f:id:number-girl:20170720020742j:plain

FL50mm f1.4を装着してみました。特にがたつきもなく問題なさそうです。

α7Ⅱも含め最近のミラーレス機はどれもレトロデザインなものが多いですが、やはりオールドレンズで遊ぶことが前提となっているんですかね。

それとこちら

f:id:number-girl:20170720020809j:plain

予備バッテリーです。Newmowaというメーカーで2607円也。

下調べでもバッテリー持ちがすこぶる悪いという評判は目にしていましたし、室内でちょっといじってるだけでも目に見えてバッテリーが減っていくのを実感していたのでこれは確実に必要だろうと購入しました。

まだ少し使ってみた程度ですが、しっかり電源がつき、バッテリー残量表示もされたので大丈夫そう。レビューを読んだ限りもそこまで問題なさそうです。

f:id:number-girl:20170720020732j:plain

このバッテリーを選んだ理由としては、充電クレードルがついていた点。

α7Ⅱは本体のMicroUSB端子から給電するようになっており、充電の度に端子のキャップを開閉するのは耐久性の面でちょっといただけないなと思っていたのでこちらを購入しました。

SONY純正でも専用チャージャー付きバッテリーが売っていましたが、今買うにはちょっと高すぎたのと、バッテリーが一度に1つしか充電できないようなのでパスしました。

実際に充電してみましたが今のところは問題なさそうです。

これで一応は快適に使っていけるようになりました。他にも必要なものは使っていく上でおいおい分かってくると思うのでその都度買い足していきたいと思います。