Log_House

ギター・カメラ・日記

Super-Takumar 55mm F1.8で撮る昭和記念公園

またもや前回の更新から期間があいてしまいました。長かった夏休みも終わり後期が始まるということで、甘やかされ続けて使い物にならない脳みそのリハビリがてらぼちぼち更新していこうと思っています。

さて、こんなレンズが届きました。

f:id:number-girl:20170921121319j:plain

インスタ映えしそうなアレ。

オールドレンズのドドド定番、Super-Takumar 55mm F1.8です。開始価格でなんとなく入札しておいたところそのまま落ちてしまいました。送料含め2000円くらいでした。ウォッチリストに登録感覚で入札していくの本当にやめたほうがいいですね。

マウントはM42。以前M42マウントのレンズを買った際に頼んだM42-ソニーEのアダプタがあるのでアダプタを新機購入する必要なしで使えました。そういえばその時のレンズもまだ記事にしてなかった…。

台風一過の快晴で、ちょうど写真を撮りに行こうと思っていた今週月曜日の午前中にレンズが届いたので、テストがてらα7Ⅱこのレンズつけっぱなしで撮影してきました。場所は昭和記念公園、以下作例になります。

f:id:number-girl:20170921123523j:plain

f:id:number-girl:20170921123532j:plain

f:id:number-girl:20170921123552j:plain

f:id:number-girl:20170921123558j:plain

f:id:number-girl:20170921123657j:plain

f:id:number-girl:20170921123707j:plain

f:id:number-girl:20170921123716j:plain

f:id:number-girl:20170921123723j:plain

f:id:number-girl:20170921123748j:plain

f:id:number-girl:20170921123807j:plain

f:id:number-girl:20170921123816j:plain

f:id:number-girl:20170921123823j:plain

f:id:number-girl:20170921123848j:plain

f:id:number-girl:20170921123857j:plain

f:id:number-girl:20170921123900j:plain

f:id:number-girl:20170921123927j:plain

f:id:number-girl:20170921124012j:plain

f:id:number-girl:20170921124031j:plain

f:id:number-girl:20170921124035j:plain

f:id:number-girl:20170921124145j:plain

絞ればキリッとした描写、開放付近でもオールドにしてはなかなかきれいなボケ方をしてくれ、オールドの割に普通に写ってくれるのでびっくりしました。評判がいいだけあります。これだけよく写るのに2000円程度で手に入っちゃうんですからすごいですよね。

多少のフレアはありますが、よく使っているCanonFLに比べたら逆光耐性も随分良く、ためらうことなく光にレンズを向けられます。そりゃFLより全然新しいわけだし当たり前ではあるんですけど。

55mmという焦点距離もどんなもんかと思ってましたが、体感的に50mmよりも構図が決めやすいような気がしました。撮り比べたわけではないのでなんとも言えませんが、撮影枚数に対して満足のいく写真が比較的多いような…。気のせいかな…。撮影条件がよかったっていうのもあるかもしれませんが、なんとなくシャッターが切りやすく感じました。

これからだんだんと秋も深まってくるので、積極的に持ち出してみたいです。夏の天気が悪かった分もいい写真撮りたいですね。

それでは。

「お祭りだよ!けものフレンズがーでん」がすっごーい楽しかった話

8月入ってからというもの、晴れた日の方が少ないんじゃないかってくらい毎日雨が降って、なかなか夏らしい写真が撮れずにいます。せっかく新しいカメラを買ったわけだしいい加減晴れて欲しいです、切実に。

 

さて、ここ数年で一番の盛り上がりを見せていると言っても過言ではない(当社比)アニメ作品、けものフレンズの企画ビアガーデン、「お祭だよ!けものフレンズがーでん」に行ってまいりました。

今年頭ごろに「観るとIQが下がるアニメ」として半ばネタのような扱いで話題になっていたこのアニメ、僕は当初は観る予定がなかったのですがとある作中のセリフがTwitter等で流行っているのを目にし、そのセリフが出てくるまで試しに観てみるかと何の気なしに観始めてみたのですが、独特な世界観や魅力的で個性的なキャラクター、ほんわかした雰囲気の中にチラチラ伺えるシリアスや作り込まれたストーリーなどにいつの間にかのめり込んで、久しぶりにアニメにどっぷりハマってしまいました。ちなみに当初の目的だったセリフは実際には作品中一回も出てきませんでしたが。

そんなけものフレンズの企画ビアガーデンということで、開催決定当初から絶対に行きたいと思っていたのですが、同じくハマっている友人と都合を合わせついに行ってくることができました。

f:id:number-girl:20170819195521j:plain

f:id:number-girl:20170819195526j:plain

場所は池袋の楽園というパチンコ店の入る建物の屋上。

入場には整理券が必要なため午前中にそれをもらいに行ってきたのですが、その日は生憎の雨だった上、その建物の工事か何かの都合による断水で午前の部は中止になってしまい、それ以降も開催するかどうかわからないとのこと。

予報では雨が止みそうな時間の整理券をとりあえずもらっておき、断水が解消されなければ諦めて別日にしようということになりましたが、その後なんとか断水は解消されたようで幸運にも開催できることに。よかった。ただ残念ながら予報が外れ雨は止んでくれませんでした。

f:id:number-girl:20170819195615j:plain

入場すると真っ先にジャパリバスがお出迎え。乗ることもできるよう。

f:id:number-girl:20170819195531j:plain

入場するとこのようなリストバンドが配布されました。入場時間で色が違い、それによって利用時間を越えての滞在を防止するシステムのようでした。

f:id:number-girl:20170819195535j:plain

それとこのアライさんジョッキが手渡されたのですが、なんとこれ利用後におみやげとして持ち帰ることができるんです。これは本当に嬉しい。

その上500円のフードチケットが二枚渡され、最低でも1000円分の食事が楽しめる上にビール飲み放題。それでお値段なんと3000円!こんなに安くていいのか。

ソフトドリンクのみのコースもあり、そちらのほうは2000円で同じようにキャラクターが描かれたグラスがもらえるようです。すごい。

f:id:number-girl:20170819195549j:plain

座席を確保したりなんなりしてるうちにだんだん雨が強くなってきてしまいました。なんというビアガーデン日和。

しっかりした屋根付きの座席はほぼ埋まってしまい、臨時でアウトドア用のタープが設置してある座席を取りましたが、地味に風もあったためほぼ意味をなしていない状態で、途中空いた屋根ありの座席に移動できるまではびしょ濡れになりながら飲み食いしてました。寒かった。

f:id:number-girl:20170819195611j:plain

f:id:number-girl:20170819195717j:plain

f:id:number-girl:20170819195539j:plain

f:id:number-girl:20170819195554j:plain

f:id:number-girl:20170819195558j:plain

f:id:number-girl:20170819195602j:plain

f:id:number-girl:20170819195607j:plain

結構大変な日に行ってしまいましたが、それでも十分楽しく過ごすことができました。いつまで開催してくれるかわかりませんが、期間中また行きたいです。今度はちゃんと晴れた日に…。

matsuri-kf-garden.jp

原宿乃ヒョウ猫の森・フクロウの森に行ってきた

α7Ⅱを購入して3週間ほど経ちましたが、操作やボタン配置などにもだんだん慣れてきて思うような写真が撮れるようになってきました。EVFの手動切替ができなかったり、E-P5よりもピーキングが使いづらかったり、シャッターストロークが妙に深かったりと、もうちょっとどうにかならんかなぁという点も見えてきましたが、そういうところも含めて使いこなしていけるようになればと思います。

さて、先日原宿に行ってきました。非常にファッションやらに疎いので、よくわからないけれどオシャレそうな人とか、よくわからないけれどきっと流行っているのであろう物を売ってる店なんかがひしめきあっている原宿は、関心があまりない僕はどうしても場違い感があって非常に苦手な場所なのですが、その日は目的がありました。

f:id:number-girl:20170810180337j:plain

入り口の門がもうテンションが高い。

その目的とは、原宿乃ヒョウ猫の森・フクロウの森というベンガル猫カフェ・フクロウカフェが併設してある店に行くこと。知人に誘われたのですが、猫も鳥も好きな僕からしたらこの上ない癒やしのスペースなのですが、そんなユートピアにたどり着くには竹下通りをくぐり抜けるという超難関イベントを乗り越えなければならないという。なるほど世の中うまくできている。

f:id:number-girl:20170810175954j:plain

店の前にはフクロウのオブジェがお出迎え。

併設されているとはいえ、さすがにそれぞれ別のフロアに店舗が構えられており、どちらか一方の利用も可能でしたが今回は猫とフクロウどちらも利用できる共通券を購入しました。猫の方に限り混雑時の30分制限があるようなので、まずは猫の方へ行き、そちらでの時間が終わり次第フクロウの方へ行くことにしました。

f:id:number-girl:20170810180346j:plain

f:id:number-girl:20170810180354j:plain

f:id:number-girl:20170810180450j:plain

f:id:number-girl:20170810180004j:plain

かわいい。

ヒョウ猫の森ということで、店内はジャングルのような内装デザインになっており、ベンガル猫の野性的な柄とマッチしていました。そこらじゅうにベンガル猫がうろついており、自由にたわむれる事ができるようになっていました。

f:id:number-girl:20170810180011j:plain

f:id:number-girl:20170810180350j:plain

f:id:number-girl:20170810180359j:plain

f:id:number-girl:20170810180404j:plain

f:id:number-girl:20170810180408j:plain

f:id:number-girl:20170810180414j:plain

f:id:number-girl:20170810180419j:plain

f:id:number-girl:20170810180424j:plain

f:id:number-girl:20170810180430j:plain

f:id:number-girl:20170810180435j:plain

f:id:number-girl:20170810180440j:plain

f:id:number-girl:20170810180445j:plain

……かわいい。

野性的な見た目とは裏腹に人懐っこい性格なようで、近づいて撫でたり写真を撮ったりしてもあまり逃げられることはありませんでした。α7Ⅱに関してはMFの単焦点しか持っていきませんでしたが、それでも十分にじっくりと撮ることができました。

やはり店内は結構混雑しており、正確には測っていませんでしがだいたい30分前後で退出の時間になったように思います。

お次はフクロウの方へ。

f:id:number-girl:20170810180149j:plain

f:id:number-girl:20170810180157j:plain

f:id:number-girl:20170810180201j:plain

f:id:number-girl:20170810180216j:plain

f:id:number-girl:20170810180208j:plain

f:id:number-girl:20170810180224j:plain

f:id:number-girl:20170810180231j:plain

f:id:number-girl:20170810180240j:plain

f:id:number-girl:20170810180250j:plain

f:id:number-girl:20170810180235j:plain

f:id:number-girl:20170810180259j:plain

f:id:number-girl:20170810180313j:plain

f:id:number-girl:20170810180318j:plain

か、かわいい(ボキャ貧)

こちらも森のような内装になっていて、順路に沿って様々なフクロウと触れ合えるようになっていました。腕に乗せるなどはできませんが、撫でることはできました。

フクロウを間近で見たのは始めてでしたが、こんなに物静かでじっとしているものなのですね。我が家でもオカメインコを飼っているのですが、そいつは四六時中動き回っているので同じ鳥でもぜんぜん違うものだなぁと感じました。インコもかわいいですけどね!

今まで思っていた以上に羽はフワッフワで、目もすごく綺麗な色をしていて、やはりこういった細かい所は間近で触れ合ってみないとわからないものですね。各フクロウの説明書き看板も設置してあって結構勉強になりました。動物っていいですね。

f:id:number-girl:20170810180255j:plain

f:id:number-girl:20170810180333j:plain

結構手頃な値段から置物などのお土産も置いてありました。

何度か行くとサービスなどが受けられるポイントカードも発行してもらえるようで、もし次回行くことがあれば作ってもらおうかな。どちらも楽しかったのでまた行きたいです。ただそのためには原宿に耐性をつける所から始めなければ……。

owls-cats-forest.com

それでは。